カテゴリ:香港山歩き( 13 )

ラストハイキング♪

a0091958_0583236.jpg
香港を発つまで、あと4日となった4月最後の日曜日・・・。
行ってきました。  元朗、刀削麺 の 次の日、今度は何処へ?
今思うと、私の香港生活での1番のお楽しみ♪ と言っても過言では御座いません。

ハイキングへ GO!

しかもこの日はお昼の12時から娘のお友達のお家に送別会?の様なランチ会に
お招き頂いていたので、その時間に間に合わせるには、
私にとっては、一大決心で
「早朝ハイキング」 しか 御座いません。
よって、本命の前回行った 「香港の竹富島、西貢」 は諦めて、
近くて、且つ、綺麗な景色、且つ、最後を飾るに相応しいハードコース。
タイタムから双崗山、スタンレーに下るコースです。
早朝ハイキングねぇ、空気も綺麗で鳥の声も沢山聞けて、
アドレナリンの分泌、期待ですよ!!!
間違いなく、SK-Ⅱの美容液より効果ありそうです。
早起きは三文の徳って言うじゃないですか・・・
夜行性の私が偉そうに言うのも気がひけますが・・・
まぁ、それ位残り少ない香港生活を有効に使いたかった訳ですよ。
でも、あまり早い時間は人が居なくて怖いかも・・・
と心配したので7時半ぐらいから山に入ることに。
(全然早朝じゃないやん・・・と言わないように)
その位の時間だとハイカーが結構いました。 しかも、場所柄欧米人♪
何となく気分アップです↑

More 次の写真見てネ
[PR]
by blosm | 2008-05-13 03:17 | 香港山歩き

西貢東郊野公園 第2弾

こんばんは~。
前置きはさておき、昨日の続きへ参りましょう。 今日は長編です。

「西湾」 のビーチをテクテクと横断し、前方の山を越えなければなりませぬ。
a0091958_2319295.jpg

すると、山の麓に、黒い影が??? えっ? 又 サルの登場?
いいえ、何だかデカイです。 一瞬、怯みましたが・・・
ムシャムシャと水牛さんがお食事中でした。
終始マイペースを貫き
私達が通っても、
鳥が飛んできても、
よそのお子さんが大声で呼びかけても・・・
一度も振り向くことなく一心不乱でお食事しておられました。↓
a0091958_2328514.jpg

青い海と水牛の組み合わせで、私は昔行った沖縄の竹富島を思い出し
すっ~かり頭の中は
♪島う~たよ~風にのりぃ~鳥と共に海をわたれぇ~♪ byTHEBOOM
グルグルグル、三味線の音と共に、このメロディーが離れませんでした。
そう、ここは私の中の竹富島なのです。(ちょっと良く言いすぎですが)
そして、山を越えたらもう1つのビーチ 「咸田湾」 が見えてきます。
(昨日の写真の最初の2枚がそうです)
本当に綺麗な海で香港のイメージと繋がらないでしょ?
a0091958_0453.jpg

ここのビーチにある野外食堂でおにぎりを食べて折り返して来ました。
本当はこの先、ハイキングコースはマダマダ続き、
シャープピークに登ったり、「海下」 というウニを見に行くサイパンが出ている桟橋まで
繋がっているようです。
実は、前に別のコースから「海下」まで行った事があります。
グラスを通さなくても裸眼でもウニがたっくさん居るのが見れて凄~く面白いのだけど・・・
サイパンがおんぼろで運転手のオジちゃんが全く広東語しか通じないので
乗り込むのにかなりの度胸が要ります。 乗ったけど・・・。
a0091958_0114275.jpg

野外食堂に行く為のボロッボロの橋。↑ こちらも結構度胸が要ります。

同じ道を通って帰りましたが、行きに見えた萬宜水庫に夕日がかかり、ため息ものよん。
a0091958_0351653.jpg


が、しかし、スタート地点に戻った私達はミニバスの最終時刻に間に合わず・・・。
念の為に、行きに乗ったタクシーのおじちゃんに名刺を貰っておいたので
タクシー代が高くつくなぁ~と思いつつも 「お迎え宜しくコール」 を掛けようとしたところ・・・

救世主が・・・・。
 
私達の後ろから歩いて来ていた香港人の若いカップルが
「ミニバスがなくなる時間になると、空車のタクシーが呼ばなくても来るよ~、
タクシーが来たら一緒に西貢の街迄乗っていこう!」
と、気絶しそうな爽やか笑顔で話しかけられ (えぇ、勿論、彼の方)
その笑顔を信じて空車を待ってみることに・・・・。

いやぁ~ん、うっそ~、 5分もしないうちに本当に来たわ
聞いてみると、よくここにハイキングに来ているようで、
このカップルとあいのりして帰ってきました。
って、何だかTV番組みたいですが・・・・。
勿論、既にカップルと、人妻とその子供の組み合わせですから、
話に進展はございませんが・・・・。

そして、家に戻ると、ちょっと年はいってるが、そこそこ気絶しそうな笑顔で
(と言う事にしておこう) パパが新春ゴルフコンペから、お戻りでした。
で、笑顔の訳は、なんと!
「初優勝」 だったのだ!!!

そんなこんなの ♪HAPPY♪ な1日だったのですが、
この日以来、ハイキングに行けていないのでR。
また、行きたいぁ~い!!!

ここまで、読んでくださった方、お疲れ様です。 お付き合い有難うございました。

この記事を読まれて、こちらにハイキングに行こうと思われた方、ミニバスの時刻表を次のページに載せておきます。ご参考までに・・・

More 時刻表
[PR]
by blosm | 2008-02-22 01:40 | 香港山歩き

西貢東郊野公園

a0091958_0394435.jpg
先ずは、最初に反省。
最近ブログの記事を
アップして、次に見た時
読み返してみると
誤字脱字、可笑しな
日本語?
にビックリする事が
よくあります。
アップしてから直ぐに
気が付けば良いのですが、時間もかなり過ぎ
多数の方が見た後だと
分ると愕然とします。
教養のなさが
バレバレです(恥)
しかも、2,3個前の記事から写真に入れてる
タイトルのスペルが
間違ってるし・・・・。
もう、呆れて直す気にもなれません。

「更新しなきゃ~」という妙な使命感?に押され心がこもってなかったのでしょう・・・。
いくら自己満足な日記とはいえ、ネット上に載せるわけですから、
気を引き締めなくてはなりませぬ。 (普段、娘には偉そうに注意してるのにねぇ)
と言う事で、こんなブログですが、精進していきますので今後とも宜しくお願いいたします。
a0091958_0405166.jpg
それでは、本題。
今週になってようやく青空が覗きだした香港ですが
この写真は1月5日に
撮った写真です。
今更ですが・・・
新春ハイキング第3弾め。
第1弾は
ドラゴンバック(元旦)
第2弾は
ライオンロック(2日)
第3弾は
西貢(5日)
と、なんとこの週は飽きもせず3日間もハイキングに行ってきました。
そして、またまた二人組。
ご覧の様に、
本当に綺麗なコースで
私の中の1番の
ハイキングコースとなった
のですが・・・
ここまで、
遠~い道のりでした。

More それでは、コースのご紹介
[PR]
by blosm | 2008-02-21 02:35 | 香港山歩き

新春ハイキング 第2弾

a0091958_13475668.jpg
前回の続き。
「新春元旦ハイキング」 に気を良くした私の更なる行動とは・・・
「新春2日目ハイキング」 に行く事でした。
ただのハイキングではございません。
目指すは、そう、ライオンロック!  (下の写真)
ライオンさんが横向きに座ってるように見えるでしょう・・・・。
あちらの頂上でございます。
このコースはハイキングではなくって完全に山登りです。

私達が行ったコースは背中の部分の頂上、こちらのコースは安全コース。
頭の部分の頂上にも行けますが、こちらは危険コースです。
安全コースとは言っても、最後の500メートル弱は、かな~り勾配のキツイ階段が続き
涙なくては登れません。
その代り、頂上に着けば、360度パノラマですよ。
東は東龍島から西は南Y島、北側はタイポーから香港で1番高い大帽山まで見渡せます。
ビクトリアピークから見下ろす香港の景色は御馴染みですが、
九龍サイドから見下ろす街の景色は珍しくないですか?
ネイザンロードを真っ直ぐ下れば、チムに突き当たり、そこが本当に尖ってるのが
よ~く分りますよね。
ライオンさん、いっつもこんな景色みれて良いわね♪

GoogleEarthの様な上の写真、私の凄~くお気に入りの写真となりました♪
じつは、ライオンロックに登るのは2度目、1度目はこの絶景を前にして、
カメラを忘れるという大馬鹿な私でございました。
そのリベンジも兼ねて、新春からチャレンジしたのでござる。
a0091958_14434566.jpg


娘ちゃんは、絶景を見ながら「ヤッホー」とこだまを期待しましたが、返事はなく、
私に向こうの草むらから姿を隠して半分の声でこだませよ・・・・と強制し・・・
(付き合う私も私だが・・・)
機嫌よくおにぎりをパクつく二人だったのですが、

えっ? 今、二人って言った?
ええ、言いましたとも・・・・。
今年も、ビューティーペアで・・・。 (今年こそ平成の香りがする名前に改名したい)
パパは初振りゴルフでしたが、元旦に引き続き 
「この季節にハイキングに行かず、いつ行きますか!」指令が 
脳から出たので二人でも決行となったのです。
が・・・
実は下山途中に、思いも寄らぬ方に遭遇したのでした。

More その方とは・・・
[PR]
by blosm | 2008-01-07 15:38 | 香港山歩き

新春ハイキング

a0091958_0595935.jpg
お正月もあ~っさりと過ぎ去ってしまい、香港は2日から普通の毎日です。
3日、4日は久々の 「贅沢な一人ぼっち」 を 楽しんだ私ですが、
娘のほうは、学校は既に始まっており、の様な宿題を抱えて帰って参りました。
ご愁傷様。

と言う事で、無理矢理、つながりで・・・

お正月元旦は、新春初登り をして楽しんできました♪
大晦日から急に寒くなり、お天気も快晴が続いてますし、
このシーズンにハイキングしなくて、いつ、行きますか!!!
と、脳からの指令を受け、
今回は、ドラゴンバックから、Bigwavebayまでのコース。 (難易度 易~中) 
前回は、気持ちよくパラグライダーされてる方を沢山見かけて、今回もまた・・・
と期待していたのですが、出会わずじまい・・・・。残念。
その代り、行き交う見知らぬハイカーと 「HAPPY NEW YEAR!」 とニコリ、ご挨拶。
これって、結構気持ちが良いものなのよ~。

新春早々、青空の下、とっ~ても、爽やかファミリーしてきました。

そして、これに味をしめた私は次の日、さらなる行動にでるのであった・・・・。

続く・・・・。
a0091958_1202466.jpg

それにしても、此処から見る海と空の色って香港じゃないみたいに綺麗デス
[PR]
by blosm | 2008-01-05 01:39 | 香港山歩き
またまた、ハイキング ネタ。
ハイキングと言うより、 BOWENROAD は 楽ちんお手軽お散歩コース。
出発地点はアドベンティスト病院の入り口付近から、4kほどのフットパスが続きます。
景色の良い(写真下)平坦な道が続き、 軽快に歩いていると・・・
おしゃれワンちゃんのお散歩や、
バギー連れ欧米人ファミリー、
緑の中をジョギングされてる方、
何だか、しあわせ小道♪ と言った感じ。
a0091958_2336206.jpg
最後の500m程は車道に変わるのですが・・・・そこいら近辺は・・・・
抜群な景色をお約束されるであろう・・・高級フラット郡が・・・

先ほどのおしゃれワンちゃん、この辺りにお住まいなのね、きっと・・・・。
こんな高級フラットだったら、蟻が侵入して来たり、水周りが悪かったりしないのかしら? と、そんな考えが思わず頭を過ぎった、まだ、引きずってる私。 くどい。
さっきまで、しあわせ小道♪ に居た私は何処へ・・・・。  

で、そのままピークトラムと交差するところで、トラムウェイパスを下ります。
a0091958_23385332.jpg此処を歩いていると、
ピークトラムの乗客の方
から一斉に、
遠慮無い視線を受ける事
間違いなしです。
そして、最終目的地点の
香港動植物公園に到着。
ここは、いわいる動物園 を 
想像するとが~っかりですが、それでも、動物を見るのが久々な娘。
しかも、ここに来るのは
2度目で、ショボイって分っているのも関わらず・・・・ 
久々の嗅覚を刺激する
獣臭に興奮したのか? 
大喜びでジャガーとお猿に大興奮しておりました。
たかが、サル。 
されど、サルなのでしょうね
それでも、野生のリスを
何匹か発見して
都会の中のオアシス
と言う雰囲気で
                                     なかなか、良い場所です。

カメラの充電をし忘れて、香港動植物公園の写真が撮れずじまい・・・・。
その日の夜、娘はとても楽しかったと動物園の事について  ナント、
大嫌いな作文を書いていたぐらいだったので、 (母ビックり!そして、うれし涙)
そんなに喜んでくれるなら、又カメラ持って行きませう。
[PR]
by blosm | 2007-11-20 00:21 | 香港山歩き

シーズン到来!

a0091958_16122514.jpg
土日共に秋晴れのお天気でしたね。 こんな日はハイキング!
♪丘をこえゆこうよ~口笛ふきつつ~♪
シーズン第1弾は御馴染み、タイタムコース。 難易度 易。
今日は、♪ピクニック♪ の歌に合わせて、タイタムの風景写真大特集~
♪空は澄み青空~♪
でも、ちょっと白~く霞がかかってる様にも思ったのですが・・・・。
下の写真、少し逆光だったのですが、それにしても霞んでる・・・
秋らしいと言えばそうですが・・・・。 本土からの空気汚染が原因ともちょこちょこ聞きます。
a0091958_16132448.jpg
タイタムには3つの貯水池があるんですが、1番古いのが1888年造成らしく、
120年も前に出来たらしいです。どうりで、ダムにかかる橋が異常に狭かったりぃ↓
a0091958_16142563.jpg
こんな狭いダムの上の道路にダブルデッキが通ちゃぃますぅ~。
なのに2車線。
道路の右下は断崖絶壁のダム底。
フェンスの高さ1メートルほど。
2階に座るとスリル満点、生きて帰れるか? 地獄の沙汰も運転手次第?
a0091958_16163630.jpg
ダム近辺に石畳のめがね橋があったりぃ~。 なかなか風光明媚ざんしょ?
因みに、夏頃はダムも放水してたり、緑の色も違いますね。
a0091958_16195450.jpg

a0091958_163228100.jpg


More おまけ
[PR]
by blosm | 2007-11-12 22:20 | 香港山歩き

大仏から

a0091958_2352926.jpg

先日の続き・・・。

勿体つけましたが、
意を決した行動とは 「大仏から東涌まで歩いて帰る!」 です。って 「なぁ~んやぁ~」
って思われた方スミマセン・・・・・。
いくら、パパがゴルフ三昧でも、いくら娘に教育費がかかるといっても、スカイレールやバスに乗るお金が無かった訳ではありませんよ~。 あ、でも、時々財布に$20紙幣1枚也~~~なんて時もあるのは事実ですが・・・・。 純粋にハイキングを楽しみたかったのです!
この日は湿度も低く、快晴の空。
が、しか~し、こう決めた時点で既に17時。スカイレールの駅のおみやげ物屋さんでどれ位時間が掛かるか聞いたところ、口を揃えて「今からぁ?3時間は掛かるよ。しかも子連れだし・・・」
と、言われましたが、「2時間で行ける!」と勝手に判断して怯える娘を無理やり連れ出しました。 残酷な親です。
a0091958_2353839.jpg
↑この写真の左上の山のてっぺんに大仏さんがお座りしているのが分りますか?
歩き始めて30分ぐらい経過、後ろを振り返って・・・・少し休憩。ここで4分の1位かな?
うん、なかなか良いペース。
a0091958_06213.jpg
↑半分より少し手前まで来た時、大澳方面の海が見渡せます。西の方向を夕焼けモードで撮ったのでかなり暗く感じますが、実際にはまだまだ明るいです。というか、中間地点でこの暗さだったら困るぅ~
a0091958_0164973.jpg
↑中間地点を過ぎると今度は北の方向に空港の景色が広がります。ここから、アップダウンが結構きつくなってきます・・・・。
a0091958_022036.jpg
↑ちょっとズームで撮ったけど、かなり空港が近くなってきました。娘は後ろで「休憩~」と叫んでいますが、とりあえず無視です。だってかなり日が落ちてきてるぅ~。
a0091958_0205429.jpg
↑もう一息。がんばれぇ~。むすめちゃん~。焼肉、焼肉♪と歌いながらも、徐々に自分にも余裕がなくなり始め・・・。最後は永遠に下りの階段が続きます・・・・。これ足に堪えるぅ~。
a0091958_0362837.jpg
↑麓の東涌湾に無事到着。ジャスト2時間!!ここでは、地元の方々が遅くまで潮干狩りを楽しんでおられました。
あのスカイレールの下を歩き続けてきたのでR。 感動~。
このあと、コーズウェイベイまで戻って焼肉屋に駆け込みました。
「うめぇ~」←3人の声。
[PR]
by blosm | 2007-05-22 00:51 | 香港山歩き

東龍島

a0091958_7333444.jpg

西湾河からお船に乗って、30分程で東龍島に着きます。
ここは、私達の様にハイキングをしに来た方や、テントを張ってキャンプされる方、釣りを楽しまれる方等がいらっしゃいましたが、かなり吹きっさらしの風が吹くので、東映の映画が始まる前の映像の様に波が水しぶきを上げて岩場を打ってました。
家に戻って地図を見たら、ビクトリアハーバーから外海に抜ける所に島が健在するので風を強く受けるのかなぁ~?
小さな喫茶店?(←死語よねぇ~)今はカフェってみんな言うよね。でも、カフェじゃなくて喫茶店が当てはまる様なお店も土日のみの営業で、特にこれといって何もありませんが自然のまんま・・・な島でした。
お船も毎日運行ではなく、でも土日は1日5便程出ている様です。(最終便に乗り遅れると無人島でお泊りよ~)
西湾河のフェリーピアからではなくって、ラセゾンのマンションの横から出ている漁船の様な船に乗り込みます。
この辺り、水上生活出来そうな漁船で溢れています。乗り込む船はもう少し大きなちゃんとした?船だよ。(これって失礼な発言?) ↓
a0091958_8113322.jpg
 
その辺りを親子で散歩していると、「よっ、ねぇさん、乗らないかい?」(広東語)とおじちゃんがてぐすね引いて誘ってきます。 別に久々のナンパに嬉しかった訳ではございませんが・・・・。
ひょっとしたら、「よっ、おばちゃん」だったのかもしれませんしぃ・・・・。(笑)
東龍島活動農荘旅行社 3580-0008

島からの夕焼けは綺麗だったよ~
a0091958_7515499.jpg

[PR]
by blosm | 2007-03-22 08:17 | 香港山歩き

Mt.Parker

a0091958_23335650.jpg

日曜日、突然の思いつきでハイキングに行く事に・・・・。遅くに出発したので頂上付近で西の方角を眺めると既にこの夕暮れでした。 (カメラ設定を夕日を撮るで撮影)
香港島の東の山の頂上から(Mt.Parker)香港島の山の尾根を見渡し右下にある高いビルがIFC、尾根の左側はpokfulamの方向だと思います。写真では分りにくいですが、その先にラマ島が見えます。 
でも、頂上から東の方向(ドラゴンバック)を見渡すと未だ空は青いです。下の写真↓
(カメラ設定はオートで撮影) でも、雲が低く感じたのでかなり高い所まで登ったのだと思います・・・・。
同じ時間の撮影でも方向やカメラ設定によって随分違うものですよねぇ~。
早く登らないと日が暮れるので、休憩無しで一気に頂上まで登ったのでかなりキツかった~で更に下りの時は既に日が沈み人通りも少なく、不気味モード全開だったので駆け足で下りる破目に・・・・。それでも、帰ったら晩御飯の支度をしなくてはならぬのが
主婦の悲すぅい~宿命。次の次の日に筋肉痛なのは言うまでもありましぇ~ん・・・・。
a0091958_03038.jpg

[PR]
by blosm | 2007-02-07 00:12 | 香港山歩き

 2003年より HongKong Singapore 大阪の千里、現在はbangkokで暮らす Three-leaf clover 一家の日記


by blosm
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31