西貢東郊野公園 第2弾

こんばんは~。
前置きはさておき、昨日の続きへ参りましょう。 今日は長編です。

「西湾」 のビーチをテクテクと横断し、前方の山を越えなければなりませぬ。
a0091958_2319295.jpg

すると、山の麓に、黒い影が??? えっ? 又 サルの登場?
いいえ、何だかデカイです。 一瞬、怯みましたが・・・
ムシャムシャと水牛さんがお食事中でした。
終始マイペースを貫き
私達が通っても、
鳥が飛んできても、
よそのお子さんが大声で呼びかけても・・・
一度も振り向くことなく一心不乱でお食事しておられました。↓
a0091958_2328514.jpg

青い海と水牛の組み合わせで、私は昔行った沖縄の竹富島を思い出し
すっ~かり頭の中は
♪島う~たよ~風にのりぃ~鳥と共に海をわたれぇ~♪ byTHEBOOM
グルグルグル、三味線の音と共に、このメロディーが離れませんでした。
そう、ここは私の中の竹富島なのです。(ちょっと良く言いすぎですが)
そして、山を越えたらもう1つのビーチ 「咸田湾」 が見えてきます。
(昨日の写真の最初の2枚がそうです)
本当に綺麗な海で香港のイメージと繋がらないでしょ?
a0091958_0453.jpg

ここのビーチにある野外食堂でおにぎりを食べて折り返して来ました。
本当はこの先、ハイキングコースはマダマダ続き、
シャープピークに登ったり、「海下」 というウニを見に行くサイパンが出ている桟橋まで
繋がっているようです。
実は、前に別のコースから「海下」まで行った事があります。
グラスを通さなくても裸眼でもウニがたっくさん居るのが見れて凄~く面白いのだけど・・・
サイパンがおんぼろで運転手のオジちゃんが全く広東語しか通じないので
乗り込むのにかなりの度胸が要ります。 乗ったけど・・・。
a0091958_0114275.jpg

野外食堂に行く為のボロッボロの橋。↑ こちらも結構度胸が要ります。

同じ道を通って帰りましたが、行きに見えた萬宜水庫に夕日がかかり、ため息ものよん。
a0091958_0351653.jpg


が、しかし、スタート地点に戻った私達はミニバスの最終時刻に間に合わず・・・。
念の為に、行きに乗ったタクシーのおじちゃんに名刺を貰っておいたので
タクシー代が高くつくなぁ~と思いつつも 「お迎え宜しくコール」 を掛けようとしたところ・・・

救世主が・・・・。
 
私達の後ろから歩いて来ていた香港人の若いカップルが
「ミニバスがなくなる時間になると、空車のタクシーが呼ばなくても来るよ~、
タクシーが来たら一緒に西貢の街迄乗っていこう!」
と、気絶しそうな爽やか笑顔で話しかけられ (えぇ、勿論、彼の方)
その笑顔を信じて空車を待ってみることに・・・・。

いやぁ~ん、うっそ~、 5分もしないうちに本当に来たわ
聞いてみると、よくここにハイキングに来ているようで、
このカップルとあいのりして帰ってきました。
って、何だかTV番組みたいですが・・・・。
勿論、既にカップルと、人妻とその子供の組み合わせですから、
話に進展はございませんが・・・・。

そして、家に戻ると、ちょっと年はいってるが、そこそこ気絶しそうな笑顔で
(と言う事にしておこう) パパが新春ゴルフコンペから、お戻りでした。
で、笑顔の訳は、なんと!
「初優勝」 だったのだ!!!

そんなこんなの ♪HAPPY♪ な1日だったのですが、
この日以来、ハイキングに行けていないのでR。
また、行きたいぁ~い!!!

ここまで、読んでくださった方、お疲れ様です。 お付き合い有難うございました。

この記事を読まれて、こちらにハイキングに行こうと思われた方、ミニバスの時刻表を次のページに載せておきます。ご参考までに・・・





a0091958_1322427.jpg


西貢のバス停は親民街のマクドナルド前から
西湾亭というのは、ハイキングコースのスタート地点「吹風坳」と同じ
だと思います。

この時刻表は、2002年の日付になっていましたが、今でも同じだと思うと
香港人カップルがおっしゃってました。
[PR]
by blosm | 2008-02-22 01:40 | 香港山歩き

 2003年より HongKong Singapore 大阪の千里、現在はbangkokで暮らす Three-leaf clover 一家の日記


by blosm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30