2003年より HongKong Singapore 大阪の千里、現在はbangkokで暮らす Three-leaf clover 一家の日記


by blosm

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カードメイキング と バンコク郵便事情

a0091958_23000769.jpg

今年は喪中ですので新年のご挨拶は遠慮させて頂いく事にしまして、
喪中ハガキをバンコクの印刷屋さんで作りました。
それがもう凄く綺麗な出来上がりで、印刷屋さんではなくて
日系の写真プリント屋さんなのですが
お願いして2日後の夕方には出来上がったのです!

早い、綺麗!

前回のお菓子記事で残念な思いを訴えましたが、
充分挽回できる綺麗な仕上がりにとても感謝しております。
バンコク在住の日本人の方ならご存知だと思いますが
「プリエモン」
でお願いしました。

で、
写真は喪中ハガキとは関係ありませんが、
久々にカードメイキングして楽しんでおります♫
チャットチャックマーケットの中にペーパーナプキンを
1枚ずつバラで購入出来るお店がありまして、
それはそれは何千種類あるの?という中から好きな柄を選べるのですが
選ぶだけでも相当楽しかったのですが、
カード作るのも勿論楽しかったです♫
ただ、
わたくし、
今頃、
気が付いたのですが、
引っ越しの荷物の中に、
自分の趣味の物をあまり入れて来なかった。。。。
趣味の物だけでなく
なんで?アレ倉庫にしまっちゃったんだろう?
って物が一杯あってすこ〜し不便しております。
(因に倉庫の荷物は夫が本帰国するまでは絶対に開けれません)
とりあえず、持ってる物で仕上げましたが、
まずまずな出来上がり満足しております。




で、
喪中ハガキの話しに戻りまして、
バンコクの郵便事情がいまひとつ分かっておらず。。。
バンコク初心者の方にも分かりやすいように
解説してみようと思います。

先ず、街中にポストがあるのですが、
ここに投函する勇気が私にはない。。。
だって、回収している姿を今だかつて見た事がないし、
前にね、とりあえず日本迄の切手を持っていたら
わざわざバスに乗って郵便局まで行かなくても家の前のポストに投函すれば
いいか〜と思って切手だけを買いに郵便局まで行ったら
英語が通じる方だったにもかかわらず、
どうして切手だけいるのか?ととても不思議そうに言われ、話し噛み合ず。
結局カウンターでは買えず、別の入り口に通された事があったのです。
という事は、
やはり、日本人感覚的に切手だけ持っていてポストに投函する習慣がないのでは?
と思ったのよね〜。
でも、だったら、ポストは何の為にあるの?
(この辺の事良く知ってる方がおられたら教えて貰いたいんだけど)
で、
書き上げたハガキを持って郵便局に行ってみました。

①まず、自分の持ってるアイテム数に合ったボタンを押して番号札を貰う。
a0091958_01073122.jpg
②掲示板に(テレビモニター)番号とカウンターNo.が出るので呼ばれたら
 そのカウンターに行く。アナウンスは番号もタイ語のみなので注意です。
a0091958_01081831.jpg
③切手シールを枚数分貰いお勘定(日付が付いているので、余分には買えなかった)
a0091958_01093503.jpg
④カウンターの脇で自分で貼る。
⑤カウンターのお姉さんが、最後にチェックして終わり。

という事で、やはり切手を予め予備で持っていてポストに投函する習慣って
あまり一般的でないのかな?と思いました。

因に香港でもシンガポールでもポスト投函で全く問題ないです。
切手の種類も綺麗な物が一杯あって
(秘かにスタンプコレクター)の私には嬉しかったのですが、
一度だけ、シンガポールから日本に送った年賀状が2日後ぐらいに
戻って来た事がありました。
日本行きのハガキの束を輪ゴムで留めてポストに入れたのですが、
何故か?束ごと帰って来ました。
というかシンガポールから出国もしていなかったのですが、
何故?戻って来たの?と郵便局に聞きに行ったら
「あら〜単に振り分けの時に差出人と送り先と間違えたんだと思うわ、
 オッケ〜ラ〜。。。。」
だって。。。
間違えておいて自分でOKlah~と言ってしまうところが凄い!
とえらく感心したものです。
これがまた全然憎めないのよね〜。
シンガポールでもそれですからね、
バンコクでのポスト投函に踏み込めない事情を
お分かり頂けたかと思います。


因に郵便局のカウンターの上に飾られている写真は
タイ王国の プミポン国王 でございまする。
タイ中至るところに、お写真が掲げられておりまして
国民のアイドルと言っては失礼というか、
だってブロマイド写真とかも売られているんですよ。
とにかく国民から凄く信頼され愛されておられて
しかも、68年間も国王されてるなんて凄いです。
さて、明日はその王様の87回目のお誕生日で祝日です。
今週は花火がよく上がり祝賀ムード満点なのですが、
折角だから明日は王宮前のイベントを拝見してみたいなぁ〜と
思うのですが。。。。凄い人だろうなぁ〜。

[PR]
by blosm | 2014-12-04 22:59 | バンコク日記

カテゴリ

全体
香港日記
香港街歩き
子供(香港)
旅行
香港観光
香港山歩き
香港美味しいもの
中国
日本一時帰国
singapore日記
子供(シンガポール)
singapore美味しいもの
singapore街歩き
ハンドメイド、ケーキ、ネイル
singapore観光
MOVIE& DVD
千里日記
バンコク日記

以前の記事

2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
more...

フォロー中のブログ

香港よいとこ、1度はおいで♪
TAMAの卵
Petit A Petit
深センよいとこ、1度はおいで~
Florence*non...
ケセラセラ~家とGREEN。
ZhenShiの徒然日記...
M's kitchen ...
Blue Lotus
☆M's bangkok...
フォトジェニックな日々

外部リンク

ライフログ


Oxford Reading Tree: Stage 3: Storybooks: The Rope Swing (Oxford Reading Tree)


Oxford Reading Tree: Stage 4: Storybooks: The New House (Oxford Reading Tree)


Each Peach Pear Plum (An I-Spy-Book)


I Spy Christmas: A Book of Picture Riddles (I Spy Book)


The Big White Ghost (Big Red Reader)


The Apple Pie Tree


Disney CD The Lion King, the Little Mermaid, Toy Story, Aladdin: Disney Cd Storybook (4-in-1 Disney


Swimmy


My Father's Dragon (My Father's Dragon Trilogy (Paperback))


The Best Sleepover Ever! (Angelina's Diary)


Junie B., First Grader One-Man Band (Junie B. Jones)


Der Polarexpress


Judy Moody Gets Famous! (Judy Moody)


Crystal the Snow Fairy (Rainbow Magic)


Double Fudge


Battle of the Bands (High School Musical Stories from East High)


Season Of The Sandstorms (Magic Tree House)


Pippi Longstocking (Puffin Modern Classics)


Cub in the Cupboard (Animal Ark)


Charlotte's Web (Charming Classics)


The Trumpet of the Swan


Stuart Little (Charming Classics)


Skylark (Sarah, Plain and Tall Saga #2)


The Story of the Nutcracker (Children's Thrift Classics)


Black Beauty (Classic Starts)


Pollyanna: Retold from the Eleanor H. Porter Original (Classic Starts)


Heidi (Aladdin Classics)


Goose on the Loose (Animal Ark)

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
カメラ